肝臓にサプリメントは有効か?

肝臓を治療するには、食事療法が有効ですが食事療法が有効ということは食事に含まれる栄養素が重要ということになります。そこで、肝臓にはどんな栄養素が重要なのか? サプリメントは効果があるのかについて解説します。

サプリメントでも、特に肝臓を守る効果のあるものや健康成分を紹介します。 それぞれの栄養素には特徴があるので、目的や症状に合わせて摂取するのがよいでしょう。

肝臓によい栄養素(成分)

以下のような栄養素が肝臓にいいと言われています。食事で摂取できる量は限られているので、実際にはもっと多くの量の成分が必要になります。

ウコン(クルクミン)

肝臓ドリンクで有名な成分です。ウコンには肝機能を改善させる効果があり、昔から黄疸の薬として使用されています。 他にも胆汁の分泌を促進して肝機能を強化し、免疫力を高める働きがあります。

タウリン

栄養ドリンクなどに多く配合されている成分でイカやタコに多く含まれています。 肝機能を強化して、肝臓の働きを助ける胆汁の分泌を促すため胆汁酸を増やします。

アルギニン

アミノ酸の一つで成人になると体内でつくられるようになります。 肝臓をアルコールから保護し、肝障害を回復させる作用があります。

メチオニン

アルコールが肝臓で分解されるときの酵素の原料になる成分がメチオニンです。アルコールの分解には欠かせない成分で、 二日酔いの薬などにも含まれています。肝臓に関する病気の患者にはこのメチオニンが減少していることが多いので、メチオニンの補給で肝臓が回復することも多々あります。

レシチン

卵などに含まれるレシチンは、脂肪肝を予防したり、改善したりする効果のある栄養素です。レシチンは肝臓の脂肪のリン脂質の主成分で、 他の中性脂肪などを増やさない働きや、正常な肝臓を維持するために重要な栄養素です。

EPA・DHA

DHA・EPAは魚の脂肪分に多く含まれています。血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすので、動脈硬化を予防できます。そのほかにも中性脂肪を減らすため、肝臓の脂肪肝を予防する効果にもよいとされています。

フコイダン

ワカメや昆布、もずくなどヌルヌルした海藻などに多く含まれるのがフコイダンです。粘質物に多く含まれる多糖類の一種で、肝臓細胞の修復を助けることで肝機能向上の効果などがあるとされています。

オルニチン

オルニチンは、しじみなどに多く含まれています。アルコールを飲んだ次の日でも、いつもよりすっきり起きることができるなど、疲労回復への効果で人気が出てきた成分です。 オルニチンには疲労回復の他にも、美肌、筋肉量アップ、持久力アップ、傷の治りを早くするなど回復系の症状によいとされています。

オルニチンのサプリ

肝臓によいと注目されている成分がオルニチンです。オルニチンは現在のところ多数のサプリメントが販売されています。


引用:http://kanzoukiso.com/rank_kanzou_kiku.html

サプリメントを摂取するときの注意点

どうでしたか?肝臓によい栄養成分について紹介してきました。これらの栄養素は日常の食べ物に含まれているので薬とは違います。

そういった意味では即効性がない代わりに人体に害はありません。 ただし、栄養素自体には問題ないのですが、サプリメントなどでは成分を濃縮して効果がでやすいようにしています。そのため、過剰に摂取しずぎると問題が生じるようになります。

これは、どんな食品でも同じです。たとえば、塩も通常の量を摂るには問題ありませんが過剰に摂りすぎると血圧の増加など人体に悪い影響をもたらすのです。そのため、容量や用法を守ってサプリメントも使用してください。